放射能を取り込みやすい危険な野菜・心配が低い野菜 | 野菜選びのプロがOisix(おいしっくす)を徹底分析&解説!

放射能 取り込みやすい 危険な野菜 心配が低い

放射能を取り込みやすい危険な野菜・心配が低い野菜

放射能の影響を受けやすい野菜って?いったいどんな対処をすれば良いのか?
こちらも問い合わせが多い内容だったので、詳細をまとめました。


■ 放射能の影響が大きい野菜は「 土の上で育つ野菜 」

放射能は霧のように、地上を舞っています。そのため、土の中で育つ野菜(例えばじゃがいもや大根)以上に、土の上で育つ野菜に強く影響します


特に注意したい野菜:

・葉菜(ほうれん草・小松菜・春菊・菜の花・チンゲンサイ・ニラ・クレソン、白菜、レタス、キャベツ)
・花菜(ブロッコリー、カリフラワー)
・果菜(きゅうり・トマト・ピーマン・なす・かぼちゃ・しし唐辛子・ゴーヤ・オクラ)
・セロリ・パセリ・しそ

放射能、野菜、影響、大きい 放射能、野菜、影響、大きい 放射能、野菜、影響、大きい 放射能、野菜、影響、大きい



■ 放射能の影響を軽減できる方法はあるの?

あります。一般的に農薬を落とすのと同じ方法(ゆでこぼし)で、野菜についた放射能の量を軽減できます。

ゆでこぼしとは?:

ゆでた後のお湯を捨てる( 料理に下ゆでしたお湯を使用しないで下さいという意味)
→ゆでる際、野菜を切る(房に分ける)ことで熱湯との接触面が広くなり、放射能だけでなく、残留農薬が出やすくなります


ゆでこぼしはするけど…やっぱり不安。
な方は、まいにち全ての野菜を対象に放射能検査を実施しているOisix(おいしっくす)がお勧め!

details16_3.gifOisixのサービス詳細を確認してみるdetails16_1.gif980円のお試しセットで体験してみる